Our website uses  cookies for statistical purposes.

  • Stockerstrasse 45, 8002 Zürich
  • clients(at)lawyersswitzerland.com
  • +41445002250
Our Articles

スイスに子会社を設立

Establish-a-Subsidiary-in-Switzerland.jpg

スイス子会社
 

スイス子会社は、部分的資本または外国企業にすべて所有される法人です。会社の資本が外国企業に管理されるという事実は、新しい契約締結や従業員採用などの事に関して、スイス企業の管理を条件付けしていません。株の発行や譲渡もそうです。

 

外国企業は社の定款を念入りに作り、スイスでの子会社設立の決定を発行します。

スイスの子会社の登記プロセス
 

この事業形態で活動を実行するためには特別なライセンスは必要ありませんが、スイス会社登記の登記は必須です。

子会社は有限責任で設立され、上場でも非上場でも構いません。

有限責任会社であるGesellschaftmitbeschränkter Haftung (GmbH)は最低2人の株主で設立されなければなりません。スイスの銀行口座に最低2万スイスフラン預金する必要があります。取締役は、スイス居住者であることが義務付けられています。
 

Aktiengesellschaft (AG)は、最低3人の設立者で設立され、最低10万スイスフランの株資本を提供する人でなければなりません。資本は、一度に半分以上増やすことはできません。この半分の金額は登記前に提供する必要があります。取締役の大多数はスイス居住者でなければなりません。
 

当該企業の登記手続きは、最低株資本の預金と金融操作に関する銀行からの抄本を受け取ることから始まります。

 

スイスの子会社の登記に必要な書類

次に、会社約款は会社設立と申請書の個人署名を認証する公証人の前で立案されなければなりません。
 

認証された約款、スイスにおける会社設立の決定、銀行からの証明書は商業登記所に預けられなければなりません。手続きには約7日間かかり、登記証明書の発行となります。証明書を受け取った後、郵便局または銀行で印紙税もあります。

次の手順は、必要であれば、付加価値税の登録と社会保険制度で従業員の登録です。
 

特定の規則では、スイスで開設した子会社に助力します。例えば、二重課税条約の巨大なネットワークは、条約国に支払われる配当・利息・ロイヤルティにおける保留中の税金が発行される方法を統制しています。たいていの場合、保留中の税金は最低限または免税です。

利益に対する法人税は、スイスではなく本国でのみ支払います。または免税となっていて、ここで支払う場合には返金されます。