Our website uses  cookies for statistical purposes.

  • Stockerstrasse 45, 8002 Zürich
  • clients(at)lawyersswitzerland.com
  • +41445002250
Our Articles

スイスの会社設立

スイスにおける事業

スイスは海外投資者にすばらしい投資の機会を提供する国です。スイス企業のタイプは大企業または中小規模事業両方の設立を可能にします。

正しい会社タイプの選択は、どの投資者もすべき重要な決定です。スイスで会社を開設したいならば、事業体の特殊性を理解していただくために、当社の登記専門家があなたのお手伝いをすることができます。スイスで設立可能な会社タイプは、例えば香港の構造のように他の国々と同じです。加えて、ノルウェー・香港・タイ・キューバにて会社設立サービスが必要な場合には、当社のパートナーが対処いたします。デンマークでの法的な相談や告知が必要なクライアントは、デンマークの弁護士より援助を受けることができます。
 

スイスにおける会社のタイプ

スイスは幅広い事業形態を提供しており、最も一般的に利用されるタイプは有限責任会社と株式会社です。その他の事業形態は、事務所を開設してスイス市場で拡大したい海外企業や個人事業を開設したい投資者に好まれます。
 

スイスの有限責任会社(GmbHまたはS.A.R.L.)は通常、投資者により設立され、スイス株式取引所で上場することはできません。このタイプの会社には、社の書類に記載されて商業登記に開示される株主がいなければなりません。S.A.R.L.設立には最低株資本の2万スイスフランが必要とされます。
 

株式会社(AGまたはSA)はすべての事業の必要性に最適で、株譲渡のその単純な必要性は幅広く事業設立に使用されます。株主の責任は有限で、多くのことが匿名のままです(S.A.R.L.とは異なって)。株式会社は有限責任会社よりも最低株資本が多く必要です(最低10万スイスフランで設立時に最低10%支払わなければなりません)。
 

スイスのパートナーシップは簡単で、合名または有限です。合名会社は、商業活動を行う一般的に小さな家族事業に利用されます。有限責任組合は合名タイプと似ている所が多くありますが、事業パートナーによって実行される活動は商業的である必要がありません。
 

スイスの営業所は、スイス市場に拡大したい国外にある海外企業に適しています。自分の事業を運営したい個人の方は、個人会社を設立することができます。

スイスにおける当社の登記エージェントが、各事業タイプの必要性に関して詳しい情報を提供することができます
 

スイスにおける投資

スイスは多数の事業メリットがある国です。恵まれた立地、すばらしいインフラ、非常にクオリティの高い労働者のほか、文化の多様性は海外の投資者がこの美しい国を選択する理由のごく一部です。会社は、基本的にどんな事業分野でも起動させます。国は事業の目的地として魅力的なだけではありません。質の高い生活で、多数の投資者が国に留まります。

本国における事業の機会や会社法についてもっと知りたい場合には、スイスの当社の登記コンサルタントにお問い合わせいただけます。