Our website uses  cookies for statistical purposes.

  • Stockerstrasse 45, 8002 Zürich
  • clients(at)lawyersswitzerland.com
  • +41445002250
Our Articles

スイスで最低税率の州

Cantoni-con-le-imposte-minori-in-Svizzera.jpg

スイスは26州(アールガウ州、アッペンツェル・インナーローデン準州、アッペンツェル・アウサーローデン準州、ベルン州、バーゼル=ラント準州、バーゼル=シュタット準州、フリブール州、ジュネーヴ州、グラールス州、グラウビュンデン州、ジュラ山脈州、ルツェルン州、ヌーシャテル州、ニトヴァルデン準州、オプヴァルデン準州、ザンクト・ガレン州、シャフハウゼン州、ゾロトゥルン州、シュヴィーツ州、トゥールガウ州、ティチーノ州、ウーリ州、ヴォー州、ヴァレー州、ツーク州、チューリッヒ州)で形成されていて、スイスの適用法令の元で独自の課税システムを組織化することができます。

それぞれの州が、スイス連邦の適性に限定されずにこのように税金を徴収する資格があります。だからこそ州税法と税率は各州で相当異なるので、当社のスイスの会社設立の専門家チームが法人や人が利用可能な各課税フレームワークに関して、税のアドバイスを提供することができます。
 

以下のように、最低法人税率を紹介いたします:

ルツェルン

ルツェルン州は最も低い法人税を適用しており、12.32%です。ルツェルン州に会社を開設したい事業者は、地域経済が以下の分野を基盤にしていることを知っておくべきです。


– 観光
– 農業
– 公共部門
– 金属工業

ニトヴァルデン

もうひとつの低法人税率(12.66%が適用されます)はニトヴァルデンです。

 ニトヴァルデンの主な経済分野は航空機産業と機械工学です。スイスでこういった分野に会社を設立したい投資者は、この地域で利用できる立法上のフレームワークに従う必要があります。
 

オプヴァルデン

番目に法人税が低いオプヴァルデン州は、法人所得に対して12.89%の税率です。州では高度な技術を労働者に提供します。トップの経済分野は、観光とプラスチック産業が代表となっています。

アッペンツェル・アウサーローデン

 アッペンツェル・アウサーローデンでは、法人所得に対する税金率は13.04%で、地元の労働者は主に州の主要経済分野 – サービス分野で雇用されていることを知ることは重要なことです。総労働者の52.6%がこの産業で雇用されています。

アッペンツェル・インナーローデン

アッペンツェル・インナーローデン準州では地元当局が14.16%の所得税を適用していて、トップの経済分野は、農業・製造業・サービス分野が代表となっています。この分野で事業を開始する方法に関するさらなる詳細については、スイスの会社登記における当社のコンサルタントチームが提供することができます。

ツーク

 ツークでは法人税率は14.6%です。経済的観点からすると、ツークはスイスで最も代表する州のひとつであることを示していることを述べておくことは重要なことです。ツークで運営している企業は医療技術や電子部品に関連した活動に特化しています。もうひとつの重要な経済分野は金融分野です。
 

ウーリ

ウーリでは法人税率は15.11%です。トップの分野は、地元の労働者の10%以上が雇用されている観光業のほか、建築分野があります。この点において、多数の地元・外国企業が後者の分野で事業運営を設定していることを述べておきます。

シュヴィーツ

番目に低い法人税で、シュヴィーツ州では15.27%の税率が適用されています。農業や金曜など他の州で特徴がある分野で地元経済を発展させています。ここで利用できる特殊産業は、林業と工作機械分野です。

ヌーシャテル

ヌーシャテルでは、所得税は15.61%が適用されています。時計産業、マイクロテクノロジー、ハイテク分野で非常に知られています。これらの分野で運営する多数の企業を何年にも渡って引きつけてきました。

グラールス
 

15.71%の法人税率のグラールス州は、多数の地元・海外企業を引きつけてきました。その大多数は、製造分野関連の運営に携わっています。
 

 製造分野において、スイスでの会社設立に興味がある投資者は、製造業がこの地域で最も発展しているので、グラールスを選択することができます。
 

上記で触れた分類は、法人所得に適用される最も低い税金に関して利用できる見識を提供しています。

スイスの州での生活費
 

生活費は、スイス国内のどこでも同じというわけではありません。例えば、ジュネーヴ州での住宅は非常に高く、フリブール州や他の似たような州ではあながちそこまでではありません。
 

 長年に渡り、スイス=ドイツ州と中央スイスでも安い税金を提供して最低の税金の州ですが、ウーリはこの点においては最もメリットがある地域のひとつでした。
 

スイスでは税金は平均総世帯収入の約11.6%で、大きな費用であると考えられています。この観点から、国の中央や東側では、スイスで最も低い税金の州を見つけることができます。

スイスの財政の主権

スイスの財政主権は、現在、政府の3レベルで共有されています:連邦、州、地方自治体で、境界は連邦憲法にて設定され、連邦で留保されない税金を課すことがあります。
 

さらに、係数または複数のそれぞれの州税をベースに地方自治体の課税を守る州の憲法があります。
 

 一般規則として、スイスのすべての州は、以下のように企業に対して同じタイプの税金が適用されます。
 

– 付加価値税

– 国内消費税

– 源泉課税

– 関税
 

しかし、州の主権のために、ひとりあたりの国民所得と税負担の違いによって現れる地域格差の結果、地元当局は固有の税率を設定することが可能で、スイスで最も低い税金の州の基準を引き上げて州によって2倍以上になります。


スイスの州間の租税競争

資本と労働力の機動性も租税競争を増やし、一部の州(ツーク、シュヴィーツ、ニトヴァルデン)では遺産税をなくし投資者を引きつけるためにもっと魅力的な価格を確立しました。
 

これは、州と地方庁の財政力の違いを軽減するために、連邦の割り当て(連邦収益の一部の返還)と補助金を通じて財政の平等化のシステム確立につながりました。

スイスの各州の課税に関する詳しい情報については、当社にお問い合わせください。