Our website uses  cookies for statistical purposes.

  • Stockerstrasse 45, 8002 Zürich
  • clients(at)lawyersswitzerland.com
  • +41445002250
Our Articles

スイスで連絡事務所を設立

Implementare-un-ufficio-di-collegamento-in-Svizzera.jpg

スイスの連絡事務所はそれ自体の法人格がなく、その結果として親会社の遺産とは分けられていて、異なる名前や取引名、それ自体の資産がありません。財政上に問題がある場合には親会社が事務所の負債に責任を負います。
 

開設する会社に強い依存があって、スイスで連絡事務所を設立する手続きはほとんど需要がありません。
 

駐在事務所には法的・経済的自主体がなく、親会社に左右されます。契約締結の力はなく、従業員は会社に義務を負わせる権限がありません。さらに、連絡事務所が開設した国で商業活動を終えたい場合には、必然的に親会社に助けを求めます。
 

スイスで連絡事務所を設立するためには、手続きがいくつかあります。商工会議所の事業手続きのために存在の申告を提出することか始まります。しかし、この形態は独立会社として機能できないため、この手続きは商業登記の駐在事務所に加入しません。唯一の制約は外国銀行の駐在事務所で、運営前にスイス連邦銀行委員会の認証が必要です。
 

スイスに連絡事務所を設立する際には、設立者は、どんな売買も締結せず、海外企業のクライアントに直接サービスを提供しない限りは、所得税の対象にならないということを知っておいてください。さらに、売買は行わずに外国事務所の代理として限定で機能するので、付加価値税の対象とはなりません。しかし、外国企業は、連絡事務所立ち上げと財務費用に対して請求される付加価値税の返還要求をすることができます。
 

スイスの連絡事務所は、専門の性質の活動を手掛けず、領域の経済貢献の対象となりません。しかし、財産税を支払わなければなりません。
 

スイスに連絡事務所を設定する際には、設立者は賃金台帳と社会義務のために、すべての従業員(国外居住者を除く)は、法により提供させる一般計画内に置かれます。連絡事務所は運営する国の社会的企業として同じ債務関係を条件とします。
 

連絡事務所は営業所構造よりもより柔軟性があります。しかし、商業活動を実行する際には、恒久的な設立として取り扱われるので、営業所構造と同じ法・税金・債務の対象となります。

スイスにおける連絡事務所の設立に関する詳しい情報と法的アドバイスについては、当社のスイス企業設立専門家にお問い合わせください。